ブログ

ダッジデュランゴは2018yモデルで決まりです!徹底解説いたします!

2018.04.22 | ブログ

アメリカミドルSUVとして絶大な人気を誇るダッジデュランゴ。アメ車らしいスタイリング、ミドルサイズにも関わらず、室内の居住性もとてもよく、さらに、3列シートが装備されているため人数もたくさん乗ることが出来る、どんなシチュエーションにも似合う一台。それがデュランゴです。

 2018yモデルより、スポーツグレードのSRTモデルが追加され、それに伴い、RTグレードもモデルチェンジいたしました。

日本第一号車が当社に到着いたしましたので、徹底解説していきたいと思います!

 

 

 

よりスポーティになったRTグレード

 先ほども出ましたが、RTがマイナーチェンジされた理由はSRTが発売されたからです。フロントフェイスはSRTもRTも全くと言っていいほど変わりがありません。

 エンブレムがSRTかダッジロゴかの違いくらいです。

 ホイールはやはり、SRTは鍛造でしょうか?同じ20インチでもデザインも全然違います。

 

RTモデル

SRTモデル

 

  もちろん、エンジン、ブレーキ、インテリアなど、スペック部分も含めて全然違いますから、価格差約130万の違いは納得かもしれませんが、RTはコストパフォーマンスも含めとても優れたモデルとなっております。

 

 今回入庫いたしました一台は、当社がオプションなどを細かく設定いたしました、ファクトリーオーダーモデルとなります。

オプションにてブラックTOP PKGというものを装備いたしました。ブラックインナーヘッドライトは標準装備なのですが、ブラックTOP PKGを装備することにより、エンブレム、ホイール、ミラーが ブラックアウトされます。

 

 その他オプションとしては、セカンドキャプテンシートか、ベンチシートか選択可能です。

 

 Brass Monkey Appearance Package

こちらはブロンズカラーのホイールに変更されるオプションとなります

 

Trailer Tow Group IV

 トレーラーをけん引するオプションです。もちろんヒッチメンバーを取り付ければ、けん引が可能なのですがこのオプションは最適にけん引するための機能が備われます。

 

Technology Group

 こちらの装備は、当社入庫モデルも取り付けさせていただきました。

アクティブクルーズコントロールは、日本でいうレーダークルーズコントロールとなります。ワーニングアクティブブレーキングは、前方との距離が急激に短くなった場合にブレーキが作動するシステムです。ブラインドスポットモニターは、サイドミラーに、サイドに車両や障害物が検知されたときに点灯してくれるシステムとなります。レーンアシストも装備されます。レーンから車両がはみ出してしまった場合に知らせてくれる、センサーです。

 

 インテリアは、ブラックもしくはレッドから選択可能です。

 

ブラックの場合、エンブレム、ステッチはレッドとなり、レッドの場合はその逆で、ブラックのエンブレム、ステッチとなります。

 どちらもとてもおしゃれなカラーリングです。

 

 

迫力のフロントフェイス

 

 

 

このフロントフェイスがたまらなくかっこいいです!

 

 

ヘッドライトもHIDが標準装備。デイライトはLEDとなっております。フォグもLEDとなっております。

 

ヘッドライトにはさりげなく、DODGEぼロゴが入っております。

 

ダブルフォグがとてもかっこいいんです!

 

ボンネットもSRTと同じデザインのエアロボンネットとなっております。

エンジンは伝統のHEMIエンジン。V8 VVTエンジン。373psとかなりのトルク感を味わえます。

 

スポーティにルーフレールはなしで、サンルーフをセレクトいたしましたがオプションでルーフレールも装備できます。

純正でウインカーミラーとなりましたので、国内の改善作業も楽になりました。

 

純正20インチアルミ。グロスブラックのペイントが、スポーティです。ホイールデザインはシンプルです。

 

デュランゴのもう1つの、特徴はこのテールデザイン。164個から成り立つLEDテールは点灯時はとてもきれいに光ります。

純正にて2本出しマフラーも装備されております。

 

 

 アメ車らしいデザイン性に優れたインテリアにはアップルカープレイが装備!

インテリアは基本さほど変更はありません。RTの場合は、8,4インチタッチパネルモニターが標準で装備されます。

 

モニターには様々な機能が装備されます。

 エアコン操作機能。シートヒーター&クーラー操作。そしてなんといっても特徴はアップルカープレイが標準んいて装備されました!これで、ナビゲーションを取り付けする必要もなくなるのでは?

 

 アップルカープレイとは、車両と、お持ちのアイフォンを同期させることで情報を車両と共有するシステム。いままでも、デバイスして同期させることはできましたが、アイフォンの情報をそのまま車両と同期することが出来るのはアップルカープレイです。

 もちろん、ハンズフリーでの電話も可能。メールのメッセージ表示もモニターにて可能です。さらには、GOOGLE MAPをモニターに映し出すことが可能でもうナビの必要がありません。

 

 

ハンドルにはパドルシフトも装備済み。

 

 シフトノブが、ダイヤル式から通常のシフトに変更されました。

USBポートが運転席側には2つ装備されております。

リアシート側には、センターコンソールの後ろ側にUSBポートが2つ。そしてコンセントが1つ装備されました。これは便利な装備ですね。

 さらにはセカンドシートもシートヒーターが装着されております。これも便利なアイテムです。

 リアゲートはパワーリアゲートが装備されております。

シンプルなメーターデザイン。

 スマートキーにはエンジンスターターも装備されております。

 

この充実した装備内容。

 デュランゴは2018yモデルで決まりです!

 

 

最上級グレードのシタデルも、興味深い1台です。

 

 

 

デュランゴの事ならぜひライオンハートにお任せください。