RAM ラムが熱い!オフロードモデル RAM 1500 REBELクルーキャブを解説していきます! | ライオンハート

LIONHEART
BLOG

RAM ラムが熱い!オフロードモデル RAM 1500 REBELクルーキャブを解説していきます!

 

日本国内でもピックアップブームは相変わらずの人気を誇っております。

ハイエンドモデルのピックアップ文化は、アメリカの文化からなるブームですが、
日本国内でもそのブームは、キャンプやアウトドアの人気の背景から後押しされた影響が多くあります。

日本国内では、ピックアップといえば、「ハイラックス」のみ。
さらにはグレードとしてハイグレードのモデルは存在せず、その人気を補っているのがアメリカンピックアップたちです。 

 

円安、コロナの影響で価格はウナギのぼりですが、まだまだそれに見合った価格のモデルも存在するのも事実。

その1つのメーカーとして代表的なモデルが「RAM ラム」でございます。

 

もちろん日本でもなじみのあるメーカーなのですが、2018年よりダッジよりメーカー独立を果たしたのがこのRAM ラム。

まさにピックアップオンリーのメーカーは世界的に見てもこのメーカーのみ。
このとても尖ったRAMが展開する1500シリーズの中でも、オフロードモデルに特化したのがこの「REBAL」となります。

今回はこのREBELについて解説していきたいと思います。

 

 

グレード REBALについて

 

2018年モデルのフルモデルチェンジを期に、REBELグレードは誕生しました。

ラムのラインナップは当時の時点で7グレード(2021年モデルからはTRAXが誕生して全部で8グレード)でした。

その中でも中級クラスに位置するのがREBEL。同じく中級モデルの「SPORT」と同じ位置のモデルで、オフロードモデルに位置するグレードです。

 

あくまでも私の主観ですが、「SPORT」と「REBEL」がラム自体も一番市場に売り込みたいモデルではないかと考えます。

その理由はオプション、装備からも、バリエーションが多く、さらに価格もラムの中でもちょうどよい価格帯となりますので、
この2グレードは個人的にもトータルバランスの優れたモデルと思っております。

今回はそのトータルバランスに優れた「RAM 1500 REBELクルーキャブ」についてご紹介いたします。

 

 

RAM 1500 REBEL スペック 

エンジンは5.7LのHEMIエンジン。伝統のHEMIです。
eTorqueというエンジンもありますが、日本では輸入が不可となります。

トランスミッションは8AT。とても走りも快適です。何よりも重さを感じさせません。

 

RAMの特徴的なのは足回り。

REBELにはビルシュタインサスペンションが装備されます。
各メーカーのあらゆるオフロードクラスにはビルシュタインサスペンションが装備されておりますがラムも同じくです。

 

ホイールは専用18インチホイールとなり、REBELの特別感が演出されております。

 

  •  長さ 582cm
  •  車幅 208cm
  •  高さ 197cm

 

 

RAM 1500 REBEL エクステリア

一目みて、他モデルとの違いがわわかるのがRAM 1500 REBEL
オフロード感が十分に出ております。

フロントマスクから、グリル形状に迫力があります。

このデザインは、それとなくTRXのグリルデザインにも継承されております。

 

フロントバンパーは、チップ塗装がされており、オフロード感が満載。
RAM 1500 REBELにはバンパーした部分にアンダーガードも備わります。

ハイエンドピックアップにふさわしい、ヘッドライト、フォグランプはLEDが備わります。
こちらはSPORTと同じ形状のヘッドライトとなります。

 

ボンネットにはスポーツパフォーマンスフードが備わります。こちらはスポーツモデルではオプションですがREBELですと標準装備となります。

 

 

サイドもオーバーフェンダーが装着されております。
まさにオフロードモデル。これだけでかなり雰囲気が違います。

 

リアは「RAM」のロゴはブラック。
これはかっこいいですし、リアからの迫力も十分ございます。

 

RAM 1500 REBELにはすべてのモデルにヒッチレシーバーが装着されております。

エレクトリックスタビリティコントロールも装備され、安全面もかなり考慮されております。

 

 

RAM 1500 REBEL インテリア

RAMの特徴はやはりこのインテリア。
一目見ただけで十分な高級車であることがうかがえます。

REBELモデルでも、ハンドル、ダッシュボード、センターコンソールはレザー張りとなり、とてもスタイリッシュです。

 

メーターにはREBALのエンブレムが。赤のエンブレムがとてもかっこいいです。

シフトは電子シフト。これはRAMだけでなく、デュランゴなどにも採用されております。
もちろんグループである、クライスラー系も電子のダイヤルシフトとなります。

 

RAM 1500 REBELの特徴は、レザーシート。
通常のシートでも、コンビシートでとてもかっこいいです。

 

フルーレザーシート、ノーマルシートともに、サイドにREBELのロゴが入りとてもかっこいいです!

 

 

モニターは、通常ですと8.4インチモニター。
オプションで12インチモニターもございます。

 

 

リアシートもとても広いです。

 

 

RAM カスタムギャラリー

 

 

 

 

RAM 1500 REBEL いかがでしたでしょうか?
他メーカーとの差を圧倒的につけているRAM 1500 REBEL。

現時点で、入手困難な車両の1台。
最上級グレードのTRXの弟分的な存在の1台となります。

オリジナルでも十分な存在感がある1台ですしもちろんカスタムすればさらにかっこよくなる可能性を秘めた1台。

ライオンハートでは、ホワイト 1台入庫予定となっております。

[最新入庫予定車両]2022年モデル RAM 1500 REBEL クルーキャブ ナイトエディション 4WD

 

RAMのことでしたらぜひ当社にお任せください。

 

 

 

▼メールお問い合わせ

お問い合わせ内容

*ご相談・質問等がございましたら、ご記入ください。

お名前

※フルネームでご記入ください。

フリガナ
ご住所

ご連絡先

※ご連絡が繋がりやすい番号をご記入ください。

メールアドレス

※個人情報はお問い合わせへの対応にのみ使用し、他の目的に利用はいたしません。
また、お客様の同意を得ずに第三者に情報を提供することはありません。


 

 

 

  •   前の記事をみる

    [最新入庫予定車両]新車 2022年モデル RAM 1500 SPORTS ナイトエディション クルーキャブ 4WD

他のブログをみる