新型 TOYOTA ハイラックスと前期TOYOTA ハイラックスを比べてみました! | ライオンハート

LIONHEART
BLOG

新型 TOYOTA ハイラックスと前期TOYOTA ハイラックスを比べてみました!

トヨタ ハイラックス LBコンプリート オフロードパッケージ

 
 
 

今年の8月にマイナーチェンジを遂げたTOYOTA ハイラックス。

2017年より復活し、売れ行きも好調なモデルがさらにマイナーチェンジを行い、センスあふれる仕様に変わりました。

前期モデルのフェイスがお好きな方も多いと思いますが、前期モデル、新型モデルの違いについて解説していきたいと思います。

 

 

TOYOTA ハイラックス エクステリア

今回外装が最も変更された点となります。

一番雰囲気が変わったのがフロントフェイス。
大きなフロントグリルがとてもインパクトがあります。

 

さらにヘッドライトがtoyota 「BI BEAM ヘッドライト」が装備され、よりヘッドライトデザインもおしゃれになりました。

 

グリルデザイン変更に合わせ、フロントバンパー形状も変更されております。

 

純正でバンパーガーニッシュが装着されている点もオリジナルでも十分に迫力がある点です。

 

テールもLEDテールに変更されました。

凹凸のあるデザインが個人的には好き嫌いが分かれるかな?という点ですが、LEDテールなのでとても高級感があります。

 

パークセンサーも装備されました。
これはあると便利なアイテムです。

 

ホイールデザインもスポーティなデザインになりましたね!
これはかなり進化を遂げた感じがします。

 

 

TOYOTA ハイラックス インテリア

インテリアは正直まったくと言っていいほど変更がありませんでした。
しいて言えば、メーターデザインがアルミデザインに変更されましたね!

 

 

TOYOTA ハイラックス スペック

一見、外見のみ変更されたち思われがちなハイラックスですが、中身もバージョンアップされております。

エンジンも改良され、アイドリングストップも追加されたため、燃費が向上いたしました。

さらに急な上り坂や滑りやすい上り坂での発進時に自動的にブレーキを制御することで車両の後退を緩和する「ヒルスタートアシストコントロール(HAC)」を全車標準装備。

加えて、Zグレードには高い車両コントロール性能を実現する「アクティブトラクションコントロール」や、車両の安定性を確保する「ダウンヒルアシストコントロール(DAC)制御」が標準装備されています。

 

外見も中身もしっかりマイナーチェンジした新型トヨタ ハイラックス。

当社では新車の取り扱いもございます。

 

さらに当社がラインナップさせていただいております。

 

TOYOTA ハイラックス オフロードカスタムパッケージ

トヨタ ハイラックス オリジナル オフロードカスタムスタイルをご紹介いたします!

 

TOYOTA ハイラックス LBプロデュース オフロードカスタムパッケージ

ついに完成!トヨタ ハイラックス LBコンプリート オフロードPKGをご紹介いたします!

 

こちらも新型TOYOTA ハイラックスでのカスタムもちろん可能となります。

お問い合せ、お待ちしております。

 

▼LINEお問い合わせ

 

 

 

▼メールお問い合わせ

お問い合わせ内容

*ご相談・質問等がございましたら、ご記入ください。

お名前

※フルネームでご記入ください。

フリガナ
ご住所
ご連絡先

※ご連絡が繋がりやすい番号をご記入ください。

メールアドレス

※個人情報はお問い合わせへの対応にのみ使用し、他の目的に利用はいたしません。
また、お客様の同意を得ずに第三者に情報を提供することはありません。

 

 

 

 

 

関連の記事をみるRELATION POST

  •   前の記事をみる

    ついに完成!トヨタ ハイラックス LBコンプリート オフロードPKGをご紹介いたします!

他のブログをみる