ブログ

アウトドアスタイルのタンドラコンプリートカーが完成❗️詳しくご紹介していきます‼️

2019.09.15 | ブログ

 

今回、新たにタンドラ カスタムコンプリートカーが完成しましたのでご紹介させていただきたいと思います。

 

お客様からのご要望が多かった、キャンパーシェル

ピックアップ車両では「取付たい!」「取り付けたらどんな感じなんだろう?」というお客様の声も多く、今回実現させていただきました。

 

同時に北米でも人気のあるスタイルに、当社でも人気のあるパーツをうまく取付、カスタムパッケージに仕上げましたのでご紹介したいと思います。

 

 

タンドラ SR-5 アウトドアスタイル カスタムパッケージ

今回は、カスタムベース車両はタンドラ SR5の4WD。
余計なオプションがない、シンプルなグレードをベースにカスタマイズしました。

 

 

キャンパーシェルの特徴

キャンパーシェルを取り付けることにより、荷台スペースが箱型に変わるのが特徴です。
イメージとしてはSUVのラゲッジスペースに仕切りができたイメージでしょうか?

ほとんどの方は荷台にトノカバーを取りつけますが、トノカバーは荷台に蓋をするイメージで、全く実用性も異なります。

 

リアゲートは、上に開閉します。
サイドにも窓があり、こちら開閉も可能です。暑い時期は熱もこもりますので、換気にもよいですね。

 

車両のリアガラス部分(キャンパーシェルでいう先端部分)は、リアガラス部分はオープンにすることにより貫通しますので、大きな荷物、サーフィンのロングボードなども楽に積み込みが可能です。
比較的背の高いものも収納でき、キャンプやアウトドア、様々なシーンで活躍できる1台に仕上げました。

 

サイドベントも装備されております。

 

タンドラ キャンパーシェルスタイル 北米ではこのスタイルがとても人気です!

 

32018年のSEMA SHOWでの、US TOYOTAブースでも、バス釣りのプロのチームが使用するカスタムタンドラが展示されておりましたが、まさにこのスタイルでした。

 

その他の車両もタンドラ キャンパーシェルスタイルご紹介していきます。
参考にしてみてください。

 

キャンパーシェルの難点は、輸送コストがかかることでした。
通常の日本までの輸送費は、船便で単体で10万円~15万円前後してしまいます。
さらに、重量があるため、単体で輸入するにはコストもかかってしまいます。

当社は車両と同時に輸入することで、輸送コストを少なくすることができます!

 

 

タンドラ SR-5 アウトドアスタイル カスタムパッケージ カスタム内容

キャンパーシェル以外は、定番のオフロードスタイルとなりますのでご紹介していきます。

 

〇キャンパーシェル

 

〇バンパー グリル同色ペイント

 

〇3インチリフトアップ

〇オーバーフェンダー&同色ペイント

 

〇NURFサイドステップ

 

〇SCS 18インチホイール

〇GRADOATOR MTタイヤ 35×12,5R18

 

 

内装はオリジナルとなっております。

 

 

タンドラ SR-5 アウトドアスタイル カスタムパッケージ
PRICE ¥5,780,000-

https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020421130190908002.html

 

カスタム費用は、キャンパーシェルを含めるとかなりかかっておりますが、今回かなりのお値打ちな価格設定とさせていただいております。

もちろんこちらの車両以外にもオーダーにて追加制作も可能となります。お気軽にお問合せくださいませ。

 

2020年モデル US TOYOTA タンドラ 新車注文オーダー(ファクトリーオーダー)も受け付けておりますのでお気軽にお問合せください。

アメ車 新車注文オーダー(ファクトリーオーダー)とは?新車注文方法・注文流れは?疑問点にお答えします!

 

車両、カスタムの相談・ご質問などございましたらお気軽にお問合せくださいませ。

 

 

▼LINEでお問い合わせは画像をタップして、トークよりお問い合わせください。

 

▼メールでお問い合わせは下記フォームをご入力ください。

お問い合わせ種類

必須

必須

必須

任意

任意

任意