米国トヨタ タコマ TRDオフロード PKGとタコマ TRDスポーツ PKGを比較してみました! | ライオンハート

LIONHEART
BLOG

米国トヨタ タコマ TRDオフロード PKGとタコマ TRDスポーツ PKGを比較してみました!

 

最近、当社でもかなりのお問合せをいただいております「米国トヨタ タコマ|US TOYOTA Tacoma」

 

アメリカではTACO(タコ)と呼ばれるくらい人気のモデルです。
特に人気なのがTRDグレード。

特徴のある特別モデルに人気が集中しています。

 

今回は、米国トヨタ タコマでも人気を2分する「TRDオフロードパッケージ」と「TRDスポーツパッケージ」を比べてみました。

今後、タコマを検討される方にも参考になるかと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

米国トヨタ タコマの各グレードについては過去ブログをご参考ください。

2020年モデル 米国トヨタ タコマについて解説していきます!

 

 

それぞれで特徴が違う米国トヨタ タコマ グレード

グレードの名前の通り、「TRDオフロードパッケージはオフロードスタイル」「TRDスポーツパッケージはスポーツタイプ」となっております。

 

 

TRDオフロード PKG・タコマ TRDスポーツ PKG比較 エクステリア(外装)

 

エクステリア(外装)フロント

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ

グリル回りなどは全く変わりがありませんが、フロントバンパーのバンパーカバーが
TRDオフロードパッケージは素地、TRDスポーツパッケージは同色ペイントになります。

ボンネットもTRDスポーツパッケージにはダクトがついています。
さらに、アンダースポイラーがTRDスポーツパッケージには装着されています。

 

 

エクステリア(外装)オーバーフェンダー

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ

TRDオフロードパッケージはオーバーフェンダーが素地、TRDスポーツパッケージはボディと同色ペイント。

 

 

エクステリア(外装)サイド

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ

これだけで全然雰囲気が違いますね。
さらにホイールもTRDオフロード専用デザイン、TRDスポーツ専用デザインと違いがあります。

デザインを見ていただくとわかるように、オフロード感があるデザイン、スポーティなデザインと差があります。

 

 

エクステリア(外装)ホイール

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ

TRDオフロードパッケージは17インチホイールとなります。
タイヤサイズは255/65R17

 TRDスポーツパッケージは16インチホイールとなります。
タイヤは265/70R16。

タイヤ外径はTRDオフロードほうが少し大きい肉厚タイヤです。

 

 

エクステリア(外装)ベッド

写真をご覧いただいた方で長さが違う?と気になられた方もいるのでは?

そうなんです。TRDオフロードパッケージはショートベッド、TRDスポーツパッケージはロングベッドとなっております。

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ ショートベッド

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ ロングベッド

これは、輸入する国により仕様が少し異なるからです。

USモデルの場合はTRDスポーツパッケージでもショートベッドの設定がありますが、カナダモデルのTRDスポーツパッケージはロングベッドの設定のみとなります。

こちらの車両は2台ともカナダモデルとなりますのでこのような仕様となります。

もちろんアメリカからの輸入も可能ですので、TRDスポーツパッケージのショートベッドも仕入れは可能ですのでお気軽にご相談ください。

 

 

エクステリア(外装)ベッド内

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ

ベッド内は、長さ以外は変わりがありません。

純正ベッドライナー、コンセント電源、レールも装備されております。

 

 

エクステリア(外装)リア

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ

リアに関しては全く違いがありません。

 

 

エクステリア(外装)足回り|サスペンション

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ

ここは皆さま気になるところ。
ご存じかもしれませんが、TRDオフロードパッケージにはビルシュタインサスペンションが装備されております。

やはり走破性を意識した部分かと思います。

TRDスポーツパッケージはノーマルのサスペンションが装着されております。

 

 

TRDオフロード PKG・タコマ TRDスポーツ PKG比較 インテリア(内装)

インテリア|内装は全く変わりはありません。

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ

 

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ

唯一の違いはTRDオフロードパッケージにはデフロックシステムが装備されております。

さらにクロールコントロール(CRAWL CONTROL)と呼ばれる機能も装備されております。

 

クロールコントロールとは?

トヨタが新型オフロード車に採用してシステムで、電子制御により凸凹の傾斜を設定速度(5km以下)で走行することができる機能。悪路で、車が出れないときなどに利用できる優れた機能です。

参考動画はこちら↓

 

TRDオフロード PKG・タコマ TRDスポーツ PKG比較 カラー

カラーは「TRDオフロードパッケージ」「TRDスポーツパッケージ」どちらの車両も7種類のカラーから選択可能です。

  •  スーパーホワイト
  •  シルバースカイメタリック
  •  マグネティックグレイメタリック
  •  セメント
  •  ミッドナイトブラックメタリック 
  •  ブードゥーブルー

 

▼米国トヨタ タコマ TRDオフロードパッケージ カラーバリエーション

▼米国トヨタ タコマ TRDスポーツパッケージ カラーバリエーション

TRDオフロード専用カラーにクイックサンド、TRDスポーツにはバルセロナレッドメタリックが用意されております。

どちらも個性強いカラーですが専用カラーとなりますので、挑戦してみてもよろしいのではないでしょうか?

 

 

プレミアムグレードについて

プレミアムグレードは2020年モデルから採用されたアップグレードモデルになります。

プレミアムグレードについては、2モデルとも装備されるオプションはほぼ同様になりますが少し違ってくるんです。

 

主要装備

 〇レザーシート

 〇ワイヤレスモバイルチャージ

 〇サンルーフ

 〇ブラインドスポットモニター

 

ここまでは装備が同じなのですが、TRDオフロードプレミアムにはアラウンドビューモニターが装備されます。

これはとても便利なアイテム。オフロードでも活躍できるアイテムですね!

 

米国トヨタ タコマ TRDオフロード PKGとタコマ TRDスポーツ PKGの比較いかがでしたか?

新車価格はほぼ同様のプライス。
スタイルや用途に合わせてお選びいただいても楽しいのではないでしょうか?

 

様々なシーンで活躍できるタコマ。
ぜひご検討されてみてはいかがでしょうか?

 

是非、お問合せをお待ちしております!

 

▼LINEでお問い合わせは画像をタップして、トークよりお問い合わせください。

 

▼メールでお問い合わせは下記フォームをご入力ください。

お問い合わせ内容

*ご相談・質問等がございましたら、ご記入ください。

お名前

※フルネームでご記入ください。

フリガナ
ご住所
ご連絡先

※ご連絡が繋がりやすい番号をご記入ください。

メールアドレス

※個人情報はお問い合わせへの対応にのみ使用し、他の目的に利用はいたしません。
また、お客様の同意を得ずに第三者に情報を提供することはありません。

 

  •   前の記事をみる

    米国トヨタ TACOMA タコマ カスタムパーツおすすめをご紹介します!

他のブログをみる