2021年モデル 新車 ダッジ チャレンジャー RTシェイカーを解説いたします。 | ライオンハート

LIONHEART
BLOG

2021年モデル 新車 ダッジ チャレンジャー RTシェイカーを解説いたします。

現在、世界的にコロナの影響で、新車の生産台数が大幅に少なく、新車が市場に全く無い状況が続いています。

 

アメ車(北米車両)も同じ状況が続き、ディーラーに人気の車両はほとんどない状況です。

 

以前、当社のブログでも説明したことがあるのですが、日本と北米の新車の違いは、
日本は新車を発注してから、生産レーンに乗る形になるのですが北米はあらかじめ車両を生産し、希望の条件のオプションの車両を、各ディーラーで探すという形となります。

おそらく理由は国土が広いためと、合理的に物事を進めたいからかと思います。

 

さらに、北米では、希望小売価格(定価)のことをMSRPというのですが、
人気の車両や入手困難な車両はディーラーがMSRPより高い値段で店頭販売しています。

特別グレードなどの車両は、MSRPプラス2万ドル、3万ドルなんて車両もあるくらいです。

(このスープラなんかは58000ドルの車両が100000ドルで販売されています)

 

日本では、ディーラーが定価より高く販売することはあり得ません。

現時点で、現地に新車が全くない状況下で、希少な車両ではない車両もMSRPより高い金額で販売されております。
ダッジチャレンジャーも同じ現象が起きています。

 

在庫がそろわない、さらに高い・・・
私達のような時価で仕入れている並行輸入業者はかなり苦戦しております。

 

そんな中、独自のネットワークを駆使して、「2021年モデル 新車 ダッジ チャレンジャー RTシェイカー」の仕入れに成功いたしました。

しかもオプション満載の1台となっております。

 

2021年モデルのチャレンジャーは仕様変更があったのかなども解説できればと思っております。

 

 

2021年モデル ダッジ チャレンジャー RTシェイカー

実はこの車両、去年の11月にファクトリーオーダーをかけていた車両なんです。
通常はファクトリーオーダーの納期は約90日。約2か月くらい遅れました。

実はこれ納期はまだましで、ほかの車両はまだ完成していない車両もありますし、目途が全くたっていない車両もあります。

さらには、まだファクトリーオーダーすら受け付けてくれない車両もあるくらいです。

それを踏まえると、今回入庫したチャレンジャーは実にラッキーなチャレンジャーなのです。

 

グレードはRTがベースとなります。
当社がRTを推しているのは、十分なパフォーマンスを備えているからです。

 

2018年以降よりアクティブエギゾーストも装備され、十分なマフラーサウンドが楽しめます。社外マフラーを取付する必要もないくらいです。

パワーも372hpと十分すぎるパワーを備えておりますし、8速のオートマチックトランスミッションがパワフルかつなめらかな走りを楽しむことができるからです。

 

様々なフィールドで楽しんでいただく事ができるのがRTかと思います。

 

 

2021年モデル ダッジ チャレンジャー RTシェイカー オプション

気になるのがオプションとなります。

定番の「ドライバーズコンビニエンスグループ」「プラスグループ」が装備されております。

  • ドライバーズコンビニエンスグループ
  • ブラインドスポットモニター、リアクロスパスアラート
  • ボディ同色 ヒーター付きミラー
  • HIDヘッドライト
  • エアキャッチャーヘッドランプ

  • プラスパッケージ

こちらのオプションを付けないと8,4インチモニターが装備されないので必須です。
これを付けるといわゆる「RTプラス」になるのです。

  • アルパイン6スピーカー

 

  • 8.4インチタッチパネルスクリーン

 

  • DODGEパフォーマンスページ
  • ドアトリムパネルアンビエントライト
  • ハンドルヒーター
  • パワーステアリングコラム
  • プレミアムステッチダッシュパネル

 

もちろんアップルカープレイも装備。バックンモニターも装備されます。

 

 

シェイカーパッケージ

やっぱりマッスルカーはシェイカーでしょ!ってことで、シェイカーパッケージを装備させていただきました。

これがあると無いとでは大違いです。

 

シェイカーパッケージは、シェイカーフード以外にも、ホワイトメーター、チャレンジャーグリルエンブレム、MOPERエアーインテーク、グリル、ガスドア、リアスポイラーブラックアウトが装備されます。

 

パフォーマンスハンドリンググループ

これ、実はライオンハートこだわりのオプションなんです。RTを購入される方は購入後もカスタムを楽しみたい方が多いはず。

しかしながら、ブレーキ回りのカスタムなどは後々カスタムするにもコストもかかってしまう・・・・
ということで装備させていただいたオプションです。

  • 20×9-inch painted Lights Out wheels
  • 230 mm rear axle
  • Black brake calipers
  • Brembo® fixed caliper 4-piston brakes
  • High performance suspension
  • Leather flat-bottom steering wheel
  • Line Lock Launch Control
  • Performance steering

 

まさに走りに特化したオプションとなっております。
これに合わせて、カラードキャリパーも追加装備いたしました。

 

 

サンルーフ

こちらもあったらうれしいということであらかじめ取付させていただきました。

 

2021年モデルはダッシュボードが以前のモデルに比べレザー調のタイプに変更されました。
前モデルのものは白くなりやすいなどのケースもありましたので良かったです。

 

 

2021年モデル 新車 ダッジ チャレンジャー RTシェイカー ギャラリー

希少な新車車両「2021年モデル 新車 ダッジ チャレンジャー RTシェイカー」
https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020421130210427001.html

 

是非たくさんのお問合せお待ちしております。

 

 

▼LINEお問い合わせ

 

 

 

▼メールお問い合わせ

お問い合わせ内容

*ご相談・質問等がございましたら、ご記入ください。

お名前

※フルネームでご記入ください。

フリガナ
ご住所

ご連絡先

※ご連絡が繋がりやすい番号をご記入ください。

メールアドレス

※個人情報はお問い合わせへの対応にのみ使用し、他の目的に利用はいたしません。
また、お客様の同意を得ずに第三者に情報を提供することはありません。


 

 

 

 

 

 

関連の記事をみるRELATION POST

  •   前の記事をみる

    2021年モデル ダッジ チャレンジャー 各グレードを比べてみました!

他のブログをみる