大好評比較シリーズ!新型タンドラ1794エディションと前型タンドラ1794エディションを比べてみました! | LION HEART ライオンハート・RECAS リーカス

BLOG

大好評比較シリーズ!新型タンドラ1794エディションと前型タンドラ1794エディションを比べてみました!

 

大好評の比較シリーズ!!
待望の新型タンドラ1794エディションと前モデルの1794エディションを比較してみました!

 

車両代が大幅にアップしたる理由がとてもよくわかる内容となっております!
最後までご覧くださいませ!

 

 

タンドラ 1794エディションについて

1794エディションの意味は、タンドラの生産工場のあるテキサス州サンアントニオの牧場ができたのが1794年であることから、タンドラ 1794エディションと名付けられたとの事。
USトヨタが地元の牧場に敬意をはらっていることがうかがえます。

テキサスに似合うスタイルとして展開しているタンドラ 1794エディション。

一般的な高級スタイルとは少し違う角度から展開しております。
アメリカンピックアップは他メーカーも同様に展開されているグレードもあります!

2020年モデル TOYOTA タンドラ|Tundra 1794エディション 徹底解説してきます!

 

2022年モデル 新型タンドラ 1794エディションを徹底解説いたします!

 

 

新型タンドラ・前型タンドラ 外装比較

 

新型タンドラ・前型タンドラ、まずは外装から比較していきます!
基本イメージは前モデルを継承しているとイメージしております。

1794エディションはクロームパーツを多く使うことで高級感をだしています。
大きなグリルがクロームなのも特徴です。

新型タンドラになり、さらにグリルが大きくなりました。

フロントフェイスで一番変更された部分はヘッドライトデザイン、その下のダクトではないでしょうか?

 

前モデルもLEDヘッドライトではありましたが、デザイン性がとても増しました。

 

前モデルではフォグランプがバンパーのサイド部分に装着されておりましたが、現行モデルからはグリルの下部に装備されました。

これは斬新ですね!

 

サイドには現行モデルはフェンダーアーチが装備され、よりオフロード感が出ました。
ホイールデザインも一新されております。

1794エンブレムの位置も変更され、現行モデルにはクロームモールが装備され、とてもスタイリッシュとなっております。

 

現行モデルの1794エディションにはパワーランニングボードが純正にて装備可能となります。

現行モデルには、エアサスペンションが装備されました。
3段階での車高調整が可能となります。

 

 

リア周りも大きく変化されております。

テールデザインも大きくデザイン性がよくなりました。

マフラーの出口が逆になりましたね。

 

現行モデルにはリモートでリアゲートを開けることができるのと、左テールにボタンがあり、そこからも開閉が可能となります。

 

さらには、リアゲートを開けるとフットステップが開き、とても便利です。

 

新型タンドラ・前型タンドラ 車両スペック比較

前型タンドラ

エンジン 5.7リッター V8エンジン 最大出力 381hp トルク55.4kgm
トランスミッション 6速AT

 

新型タンドラ 

エンジン 3.5リッター V6ツインターボエンジン 最大出力 389hp トルク66.3kgm
トランスミッション 10速AT

 

現行モデルとなりダウンサイジングされましたが、馬力、トルクはアップしております。

 

前型タンドラ サイズ

長さ 581cm 車幅203cm 高さ193cm

 

新型タンドラ サイズ

長さ 593cm 車幅204cm 高さ198cm

 

 

 

新型タンドラ・前型タンドラ 内装比較

 

インテリアも大幅に変更されました。

 

前型タンドラは2014年から出ていたため、インテリアはアナログ的なイメージとなります。
まあ、これが、アメ車らしくて良いのです。

ウッドハンドルなどウッドもふんだんに使用されており、味があるインテリアです。
2020年モデルからはプッシュスタートボタンとなります。

シートもレザーとアルカンターラの組み合わせがカッコいいです。

サンルーフも装備されております。
JBLサウンドシステムも装備されております。

純正モニターは8インチモニター。バックモニターが装備されております。

 

新型タンドラも前モデルのイメージを受けついだインテリアイメージとなります。

ハンドルはウッドステアリングからレザーステアリングとなりましたが、パネル類にはリアルウッドを採用。

最新のデザインにアナログな素材を使用し独特性があります。

一番目につくのは大型モニター。
業界最大の大きさを誇る14インチタッチパネルモニターとなります。

そして現行モデルには360度カメラも装備されております。
これは大変便利なアイテムとなり、大きな車両にはベストなアイテムです。

  3

 

現行タンドラになり、パノラマサンルーフとなりました。とても豪華になりました。

 

シートはよりお洒落なデザインに。以前よりもホールド感が増しました。

こちらの画像はサドルブラウンと前モデルと同じカラーになりますが、もう1つのカラーのリッチクリームといういうおしゃれなカラーも選択可能となります。

 

 

前型タンドラのメーターデザインはアナログ的なデザインでした。

 

新型タンドラでは、とてもおしゃれなメーターデザインになりました。

メーターのオープニング画面では、タンドラの文字が浮かび上がり、とてもかっこいいです。

 

前型タンドラのシフト周りデザインはとてもシンプル。

 

新型タンドラのシフト周りデザインはとてもデザイン性に優れております。

ドリンクホルダーはふたもついてウッドには高級感が出ました。
さらに新型タンドラにはワイヤレスチャージングシステムも装備されており、大変便利になりました。

 

 

新型タンドラ1794エディションと前型タンドラ1794エディション比較いかがでしたか?

違いがよくわかっていただける内容となっております。

 

かなりのプライスアップとなった新型タンドラですが、その理由がよくわかる内容となっております。

どちらも魅力ある車両ですね!

 

お問い合わせ・ご相談お待ちしております。

 

 

▼メールお問い合わせ

お問い合わせ内容

*ご相談・質問等がございましたら、ご記入ください。

お名前

※フルネームでご記入ください。

フリガナ
ご住所

ご連絡先

※ご連絡が繋がりやすい番号をご記入ください。

メールアドレス

※個人情報はお問い合わせへの対応にのみ使用し、他の目的に利用はいたしません。
また、お客様の同意を得ずに第三者に情報を提供することはありません。


 

 

  •   前の記事をみる

    オシャレにタンドラを乗りこなす!新型タンドラ 1794エディションを徹底解説!

  • 次の記事をみる  

    [最新入庫車両]新車 2023年モデル USトヨタ タンドラ クルーマックス1794エディション 4WD

他のブログをみる