アメリカンマッスルカー!ダッジ チャレンジャーRT クラシックパッケージをご紹介いたします! | ライオンハート

LIONHEART
BLOG

アメリカンマッスルカー!ダッジ チャレンジャーRT クラシックパッケージをご紹介いたします!

 

相変わらず大人気のダッジ チャレンジャー!

2023年に生産終了とのアナウンスも聞こえてきております。
それもあってか大変人気の車両となっております。

 

その中でも今回は、大変珍しい1台「ダッジ チャレンジャーRT クラシックパッケージ」が入庫いたしましたので早速ご紹介していきたいと思います。

当社目線でわかりやすく解説していきますので最後までご覧ください!

 

 

2016年モデル ダッジ チャレンジャーRT クラシックパッケージ

 

  • 走行/35000km
  • カラー/CONTUSION BLUE
  • エンジン/5.7リッターHEMI 
  • トランスミッション/8速オートマチック

 

 

 クラシックパッケージとは??

 

クラシックパッケージとは、まさにネーミングそのままで、
1970年に発売された初期モデルのチャレンジャーの雰囲気を現行モデルで再現したモデルとなります。

現行モデルでクラシックなイメージを楽しみたい方にはピッタリなモデルで、個人的にも好きなオプションモデルです。

 

こちらのモデルはカスタムをせず、オリジナルで乗りたい方が多いのも特徴の1つだと思います。

クラシックパッケージに装備されるものは、下記となります。

●クラシックサイドデカール

 

●クラシックデザイン専用エンブレム(サイド、ボンネット)

 

●クラシックデザイン専用20インチホイール

このビレットカラーの20インチホイールはとてもクラシカルでかっこいいです!

 

個人的にそのままシンプルにお乗りいただきたい1台です!

これだけでもかなり雰囲気が違うインパクトのあるオプションとなっております。

 

 

CONTUSION BLUEカラーについて

 

ダッジ チャレンジャーのブルーで代表的なのは、「B5 BLUE」
鮮やかなカラーで人気のカラーですが、2015~2017年まで採用されたのがこの「CONTUSION BLUE」となります。

 

群青色のこのカラーのチャレンジャーですが、発売当初、全米では大変人気のカラーで、よくクラシックパッケージとの組み合わせの多いカラーとなります。

MOPAR生誕80周年を記念してMOPARが発表した、「80years LIMITED EDITION」のカラーにも採用されたカラーとなっております。

 

 

ダッジ チャレンジャーRT クラシックパッケージ エクステリア

クラシックパッケージはクラシカルなイメージのエクステリアです。

 

2016年modelにはLEDヘッドライトが採用されております。
グリルもノーマルなのですがどこかクラシカルな雰囲気ですね。

 

クラシックパッケージはオリジナルの車高がベストかと思います。
クラシックデザインの20インチホイールがとてもかっこいい。

 

LEDテールも、この外装カラーにとても似合っているかと思います。

 

トランクスポイラーは同色となっており、さらりとクラシカルでかっこいいです。

 

エンジンは定番の5.7リッター V8 HEMIエンジンとなっております。

 

とてもおしゃれなクラシックデカール。

 

この年式ならではのさらりとしたリップスポイラー。
クラシックパッケージによく似あっております。

 

マッスルクーペの雰囲気がとても出ていませんか?

個人的に大好きな組み合わせの1台です。

 

 

ダッジ チャレンジャーRT クラシックパッケージ インテリア

 

ダッジ チャレンジャーのとてもいい部分は、2015年から現行モデルまでさほど仕様が変更されていない点です。
インテリアも同じです。

基本デザインに全く変更がありません。細かいディテール部分の変更のみとなります。

レザーステアリング。ハンドルヒーターも備わります。
クルーズコントロール機能も装備されてて高速走行も楽々です。

 

メーターでは様々なインフォメーションも設定可能です。

35000kmと年式を考えるととても走行が少ない1台です。
もちろんオートチェック実走行証明書付きの安心の1台。

 

シートはアルカンターラコンビレザーシート。レッドのRTロゴがまたクラシカル。
パワーシート、シートヒーターも装備され、快適です。

シートの状態も走行距離が少ないのできれいです。

 

こちらの車両にはあるとうれしいサンルーフが装備されております。

 

8.4インチモニターにはバックモニターも装備されております。

 

シフトデザイン、やドリンクホルダーもどこかクラシカルなイメージに見えてしまうのは私だけでしょうか?
パネル類もとてもきれいな1台。

 

ドアパネルもレザーとアルカンターラのコンビで仕上げてあります。
細かい部分までこだわって作られております。

 

アルパインオーディオシステムも装備されております。
これは、現行モデルにも採用されており、上質なサウンドが楽しめます。

 

助手席シートもとてもきれいです。

 

リアシートも全く使用感がございません!!!

 

そして、ダッジ チャレンジャーのもう1つの醍醐味ですがこの、トランクスペース。
こんなに広いのはダッジ チャレンジャーならではです!

 

ダッジ チャレンジャーはセダンベースのため、全長が502cmもあるのです。

2ドアモデルの中ではかなり大きなサイズ。
そのためトランクスペースはかなり広くなっており、車も迫力がある1台です。

 

ダッジ チャレンジャーRT クラシックパッケージいかがでしたか?

為替もよい時期に仕入れておりますので、大変お値打ちな価格でご紹介しております。

車両情報はこちら

 

このカラーでクラシックパッケージと言えば、全米でもすでに台数がとても少なくなってきているモデル。

ぜひこの機会にご検討ください。

 

 

▼メールお問い合わせ

お問い合わせ内容

*ご相談・質問等がございましたら、ご記入ください。

お名前

※フルネームでご記入ください。

フリガナ
ご住所

ご連絡先

※ご連絡が繋がりやすい番号をご記入ください。

メールアドレス

※個人情報はお問い合わせへの対応にのみ使用し、他の目的に利用はいたしません。
また、お客様の同意を得ずに第三者に情報を提供することはありません。


 

 

  •   前の記事をみる

    チャレンジャー史上最強のスペック!限定3300台 ダッジチャレンジャー SRTデーモンを解説していきます!

  • 次の記事をみる  

    [納車車両]2020年モデル ダッジチャレンジャー RTスキャットパック 50thアニバーサリー

他のブログをみる