Jeep ラングラーファンの方必見!Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392をご紹介していきます! | ライオンハート

LIONHEART
BLOG

Jeep ラングラーファンの方必見!Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392をご紹介していきます!

 

どんどんガソリンエンジンの車両が少なくなってきております。
各メーカーがEV車両をどんどん発表していき、ランボルギーニさえもEVを発表しました💦

 

そんな中、男の中の男の車「Jeep ラングラーアンリミテッド」がなんとV8モデルを発売!!

いままでにもV8モデルがあったらおもしろいなーとか思ったり、お客様の方からも出てほしいよねなんてお話もありましたが、
まさかのV8モデルの中でもなんと「6.4LのHEMIエンジン」を搭載した「ルビコン392」が発売!

 

とっても激しい1台がなんとメーカーから発売されたということで、早速レビューしていきたいと思います!

ルビコンとルビコン392の比較もしていきたいと思います!

 

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392について

 

アメリカでのスターティングプライスがなんと$74000-!!
約800万円からのスタートとなります。

日本でのルビコンの販売価格は658万円。
日本まで持ってくると1000万円は軽く超えてしまう車両になっております。

エンジンが6.4Lの392エンジンに代わるだけでそんなに高くなるの??という方もいるかと思うのですが、実はそれだけではないんです!

 

ルビコン392は最強のオフロードモデルにふさわしい装備がたくさん装備されているのです。
そちらをご紹介していきます。

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392装備内容(エクステリア)

大きく変わるのやはりエンジン。

6.4Lの392HEMIエンジンは、脅威の470hpを発揮します。
3.6Lエンジンが285hpですから185hpもパワーアップされております。

さらにはハイスペックのエンジンに合わせて、ATも8SPEED ATにはなりますがこちらもハイスペックの8HP75というモデルを採用。
RAMに採用されているトランスミッションとなります。

 

もちろん大きなエンジンを積むわけですからそれに対してボンネットの形状も変わります。

ボンネットにはエアーインテークスコープが備わり、機能性、デザイン性も大変優れております。

ルビコンのアクセントカラーはレッドに対して、ルビコン392はゴールド。
デカールの縁取りやフックはゴールドとなっております。

 

次にホイール、タイヤ。
ホイールはルビコン392専用のビートロック付きのブロンズカラーホイール。

タイヤはBF GOODRICHのATタイヤ。385/70R17の33外形の設定となります。

 

サスペンションも強化されております。
FOXの392専用のサスペンションとなり、ルビコンに比べ約2インチ車高も上がっております。

 

ルビコン392には最初からスチールバンパーがフロント、リアにも装備されております。

 

さらにはエンジンに合わせてマフラーの形状も4本出しになりました。

理由としては可変バルブエギゾーストが装備されたことが理由となります。
リアから見てもとてもかっこいいです!

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392装備内容(インテリア)

インテリアはルビコンはセンターパネルがレッドに対してブラックを基調としております。

パドルシフトが装備されているのはとても刺激がありますね!

 

シートも専用のエンブレムが刺繍されており、特別感があります。

 

その他ルビコンではオプションであったものが標準装備されているのです。

そちらを比較していきたいと思います。

 

 

ルビコンとルビコン392を比較!

前述にも書きましたが、ルビコンではオプションのものがルビコン392になると標準で装備されている点、
ルビコン392で独自に装備されるものなどもございます。

ルビコンとルビコン392を比較していきたいと思います。

 

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392

 

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン

 

仕様の違いは説明した通りとなりますが、ルビコンではオプションであるものが、純正で装備されているものが多くあります。
それらをご紹介していきます。

 

カラー

ルビコンは13種類のカラーが選択可能です。
ルビコン392は9種類のカラー選択となります。

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン

 

 

内装(インテリア)

ルビコンはレザーシートはオプションですが、ルビコン392は標準装備となります。

 

ルビコン392にはルビコンではオプションであった「アドバンスセーフティグループ」が標準装備されます。

  • Advanced Brake-Assist
  • Automatic High-Beam Headlamp-Control
  • Full-Speed Forward-Collision Warning Plus
  • Adaptive Cruise Control with Stop (Unavailable with some configurations)
  • Enhanced Adaptive Cruise Control (Unavailable with some configurations)

 

セーフティグループもルビコンはオプションですがルビコン392には標準装備されます。

  • Blind-Spot and Cross-Path Detection
  • ParkSense® Rear Park-Assist System
  • LED Tail Lamps (Unavailable with some configurations)

 

LEDライティンググループ

  • Daytime Running Lamp LED Accents
  • Front LED Fog Lamps
  • LED Premium Reflector Headlamps
  • LED Tail Lamps

こちらもルビコン392では標準装備です。

 

スチールバンパーグループ

  • Steel Front Bumper
  • Steel Rear Bumper

此方もルビコン392では標準装備です。

 

COLD WEATHER GROUP

  • Heated Front Seats
  • Heated Steering Wheel
  • Remote-Start System (Unavailable with some configurations)

此方もルビコン392では標準装備となります。

 

アルパインオーディオグループ

こちらもルビコン392では標準装備となります。

 

ボディカラーフェンダー

此方もルビコン392では標準装備となります。

 

もしルビコンにこれらのオプションを追加した場合と、ルビコン392のプライスを比較した場合、
約USD$20.000-ほどの差額となります。

 

 

ということは、6.4Lに変更され、特別な専用ホイール、タイヤがセット、可変バルブマフラー、さらには専用のFOXサスペンションが装備されて約220万円(1ドル110円計算)の差額ということは、一見とてもルビコン392が高く見えてしまいますが、
逆に安いイメージで、いかにコストパフォーマンスに優れたモデルであるのかがうかがえる1台なのです。

 

 

ルビコン392がコストパフォーマンスに優れている理由

これはディーラーサイトを見て思ったのですが、

なんとオプション設定がルビコン392のほうが安いことに気づきました!

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392

 

スカイワンタッチに関しては、なんと半額で設定できます!これはとてもお買い得なのでは?

 

 

Jeep ラングラー アンリミテッド ルビコン392 ギャラリー

 

 

ぜひこの機会にご検討されてみてはいかがでしょうか?

しかしながら現時点では、現地では人気のモデル、さらに生産台数がとても少ない車両のため、マークアップがかなりついている(プレ値)モデルでもあります。

 

ディーラープライスで手に入れれることは今のところ可能性は少ないですが、それでもプレミアム価格にふさわしいモデルかと思います。

是非、参考にしてみてください。

 

 

 

▼メールお問い合わせ

お問い合わせ内容

*ご相談・質問等がございましたら、ご記入ください。

お名前

※フルネームでご記入ください。

フリガナ
ご住所

ご連絡先

※ご連絡が繋がりやすい番号をご記入ください。

メールアドレス

※個人情報はお問い合わせへの対応にのみ使用し、他の目的に利用はいたしません。
また、お客様の同意を得ずに第三者に情報を提供することはありません。


 

 

 

 

 

 

関連の記事をみるRELATION POST

  •   前の記事をみる

    【特別限定車】限定100台!こだわりのカスタムが施されたJeep ラングラー アンリミテッド ルビコン サージグリーンをご紹介!

他のブログをみる