ブログ

新型 JEEP/ジープ ラングラー アンリミテッド(JL型)を大人のカスタムに!

2019.01.22 | ブログ

 

新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)が、日本でも2018年11月よりいよいよ販売開始され、初期ロットモデルが、ユーザー様の方へも納車が徐々にされてきたと思われます。

街中でもちらほらと、新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)を見かけることが増えてきました。

 

 

前型ラングラーより様々なカスタムをご紹介してきたライオンハートですがこの度、新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)のカスタムパッケージ車両が、大方完成いたしましたのでご紹介いたします。

まだ街中ではカスタムされた新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)は見かける機会が少ないと思います。

ぜひ皆様のご参考になればと思います。

 

様々な形で進化した新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)

 

アナログ感満載の前型ラングラーから、デジタル化が進んだ新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)といったところでしょうか?様々な部分が進化いたしました。

今回も前型ラングラーと同じく、「やりすぎないカスタム」「ディーラー設定であっても違和感がないカスタム」がテーマでカスタム致しました。

 

形こそ似ておりますが、実際は、まったく別ものの新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)前型ラングラーアンリミテッド

価格も、前型ラングラーよりも60~70万ほど上がっておりますがその価値は十分にあるはずです!

 

ライオンハート 新型 ラングラー アンリミテッド(JL型) オフロードカスタムPKG

ベースは新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)スポーツを使用いたしました。人気のブラックです。

 

▼オフロードカスタムPKG カスタム内容

SMITTYBLIT XRCフロントバンパー

こちら前型ラングラーに比べ、塗装のざらざらが少なくなりました。イメージの問題かと思いますがより高級感が出ております。

ショートタイプのバンパーに変更することでより、オフロード感が出ております。

 

 

ヘッドライト、サイドマーカーLED化

サハラですと、純正にてLEDヘッドライトなのですが、スポーツはハロゲンなんです。
ヘッドライトデザインもアナログ感があって嫌いじゃないんですが、安全面も含めて、LEDに変更いたしました。

これで夜間の演出もばっちりです。

 

 

ラフカントリー2.5インチリフトアップ

前型ラングラーが3.25インチリフトアップに対して、今回ラフカントリー~発売されたものは2.5インチでした。

もちろん、それ以上のリフトアップキットもあるのですが、街乗りの事を考えると、3インチでも高いイメージがありましたので、私的には2.5インチで十分かなと。

乗り心地ももちろん損なっておりません。

 

 

ラギッドリッジ17インチAW&YOKOHAMAジオランダーMTタイヤ 35外形

こちらも前型ラングラーと同じ設定となっております。

ラギッドリッジは当社でも人気No.1のホイール。シンプルで、サイズ設定が抜群にGoodです。

東海岸のメーカーなので取り寄せに時間がかかってしまうのが難点なのですがそれでも、ラングラー装着率No.1のホイールです。

YOKOHAMAジオランダーのMTタイヤは、MTタイヤながら乗り心地や、ロードノイズがとても少ないタイヤです。

こちらも当社でも人気No.1タイヤとなります。

 

 

カスタムは今回これだけ。前型ラングラーよりも、カスタム点数が少なくなっております。

しかしながら、新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)はボンネットデザインや、フェンダーデザイン、テールデザインなどデザイン性に優れておりますので、これだけのカスタムでも十分な迫力を放っております。

 

車検対応に合わせて装着したワイドフェンダースペーサー

この度、9Jホイールでもはみ出ないように対応されたフェンダースペーサーを装着いたしましたのでご紹介。

 

片側50mmのスペーサーとなっております。

 

車検対応も兼ねて、さらにスタイルもかっこいい仕様となっております。

フェンダースペーサー価格

¥148.000-

こちらもぜひご参考くださいませ。

 

何かと話題の新型(JL)ラングラーアンリミテッド。オーダーは3ヶ月待ち。当社も何台かオーダーを入れてはいますが、入庫が難しい1台となっております。

 

 その中でもちょうど、2台の新型(JL)ラングラーが店頭にございましたので、比較していきたいと思います。

 

かなりの迫力の差が出る新型ラングラーのポテンシャル

見て頂いてお分かりでしょうか?車両の迫力が全く違います。

左はサハラ、右はスポーツで比較してみたのですが、ノーマルの車幅や高さは同じですので、これがノーマルと

カスタム車両の差にはなります。

幅は、フェンダースペーサーにて片側50mm、左右で100mmのワイド化。ノーマルの車幅は189mmです。車幅的には100mmしか変わらないのですが、ノーマルとタイヤの幅がかなり変わりますので、車両がよりワイドに見えます。ノーマルのタイヤ幅は245mm、カスタム車両が317.5mmとなっております。

 

車両の高さについてですが、ノーマル車両の車高が184mmとなります。それよりもリフトアップKITにて2.5インチアップし、さらにタイヤの外形も90mm大きくなっておりますので合計約150mmほど車高は上がっております。

 それだけしか上がっていない?というイメージかもしれませんが、それだけでここまで迫力が変わるんです。

幅、高さともに、100mm~150mm程度しか実際は変わっていないのですがそれでもこの迫力の違いを味わえるのは、新型(JL)ラングラーアンリミテッドの面白さですね。

その他新型ラングラーアンリミテッドのカスタムパーツ、おすすめパーツをづ随時ご紹介していきますのでよろしくお願いします。

カスタム新型ラングラーアンリミテッドギャラリー

 

 

 

 

 

新型 ラングラー アンリミテッド(JL型)のカスタム、車輛販売はぜひ当社にお任せください。

 

お問い合わせ種類

必須

必須

必須

任意

任意

任意